赤ちゃんのほっぺのカサカサが赤い原因は!?

 

赤ちゃんのほっぺは潤いたっぷりでプルプル”たまご肌”だと思っていたら、いつの間にかほっぺが赤く、カサカサの乾燥肌になってしまう赤ちゃんは珍しくありません。赤ちゃんの肌は大人が思ってるより、ずっとデリケートなんです。

 

 

赤ちゃんの肌というと常に潤っているイメージがある分、カサカサして赤くなっていたり、肌荒れを起こしてしまっていると心配になるのは当然だと思います。

 

 

ですが、慌てずに正しいケアをしてあげることで、赤ちゃんのほっぺの赤いカサカサ乾燥肌は治ります。

 

 

ここでは、私の経験も交えて赤ちゃんのほっぺのカサカサが赤くなる原因と、その対処法についてご紹介します。今回は、赤ちゃんのほっぺがカサカサで赤くなる原因とその対処法についてご紹介したいと思います。

 

 

赤ちゃんのほっぺが赤い・カサカサの原因は?

 

この原因はだいたいの方が想像がついていると思います。それは「乾燥」によるものです。

 

 

生後2ヶ月までは皮脂・水分共に潤いがたっぷり

生後2ヶ月までは、赤ちゃんの肌は皮脂・水分共に潤いがたっぷりです。プルプルのたまご肌で赤ちゃんのほっぺは潤いに満ちていて、乾燥とは無縁の肌です。この時期は、逆に皮脂分泌が盛んな分、「乳児湿疹」になる赤ちゃんもいます。肌がカサカサというよりは、ジクジクしているような状態です。

 

 

生後2ヶ月以降はそれまでと一転、急激に乾燥しやすくなる

生後2ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの肌の皮脂量は大人の1/2以下になり、水分量は2/3になると言われています。この急激な変化で赤ちゃんのほっぺは赤く、カサカサしてしまい、親はそれまでの赤ちゃんの肌を見ているのでびっくりしてしまうのです。

 

 

よく母乳が悪いとか、変なものを食べたからと心配するママさんがいますが、これは「赤ちゃんの肌が変化して、成長している」ということです。


 

 

カサカサ乾燥肌で赤い赤ちゃんのほっぺを治す方法は?

 

赤ちゃんのほっぺがカサカサで赤くなる原因は「乾燥」によるものでした。では、具体的にどのように対処すればいいのかを次回ご説明します。

 

 

 

>>>カサカサ乾燥肌で赤い赤ちゃんのほっぺを治す方法はこちら

 

 

 

 

 

⇒トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加