赤ちゃんのほっぺのかさかさ乾燥肌の原因は?

 

赤ちゃんのほっぺのかさかさ乾燥肌の原因とは!?

赤ちゃんのほっぺがいきなり「カサカサ」に乾燥してしまって、びっくりしているママさんも多いんじゃないでしょうか?

 

 

「あんなにツルツルした”たまご肌”だったのに・・・」

 

 

「心配だけど、病院にいって別の病気をもらうのも怖いし・・・」

 

 

そんな風に悩んでいませんか?

 

 

赤ちゃんのほっぺというと、プルプルして常に潤っているというイメージがある分、かさかさしたり、肌荒れを起こしてしまっていると心配になりますね。

 

 
もちろん、このほっぺのかさかさは、そのままにしておいていいものではありません。

 

 

ただし、「保湿クリームで乾燥は防げるんじゃないの?」と考えている方は特に注意してください!

 

保湿どころか、赤ちゃんの肌がホロボロになる危険性があります。まずは、赤ちゃんのほっぺがかさかさする原因を明確にすることで、適切な治し方を見つけることができます。

 

 

正しい方法で赤ちゃんのほっぺをケアしてあげれば、以前のようなプルプルの”たまご肌”を取り戻してあげることができます。

 

 

今回は、赤ちゃんのほっぺがかさかさする原因と、絶対にやってはいけない注意点をご紹介します。

 

 

赤ちゃんのほっぺのかさかさ乾燥肌の原因

 

赤ちゃんのほっぺのかさかさはもちろん「乾燥」によるものです。

 

 

赤ちゃんのほっぺは潤いに満ちていて、乾燥とは無縁だと思われがちですが、実は、赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいんです。なぜなら、赤ちゃんのお肌の表面の部分(角質層)は大人よりずっと水分量が少ないのです。

 

 

どうして急にほっぺがカサカサに乾燥するの?

 

それは、赤ちゃんの月齢に関係があります。

 

赤ちゃんの肌が水分・皮脂共に潤いがたっぷりなのは生後2か月まで

胎内で母親から受け継いだホルモンの影響が続く生後2ヵ月までは、赤ちゃんの肌は水分・皮脂共に潤いがたっぷりです。この時期は、皮脂分泌が盛んなため生後2週間〜2ヶ月頃までに乳児脂漏性湿疹、いわゆる「乳児湿疹」は多くの赤ちゃんが一度は経験します。そのため、皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こしてしまったり、ジクジク、ガサガサしてしまう赤ちゃんもいます。

 

生後2ヶ月を過ぎたあたりから、水分・皮脂共に一気に激減する

生後2ヶ月を過ぎた頃から、赤ちゃんの肌のお肌はカサカサ乾燥しやすい状態へと移行していきます。皮脂量は、大人の1/2以下、水分量は大人の2/3になると言われています。生後2ヶ月までとは一転して、一気に少なくなるのです。こうなると、私たち大人よりも赤ちゃんの方が乾燥した状態の肌であるということです。

 

 

【注意】赤ちゃんの肌が乾燥したときに絶対にやってはいけない保湿ケア!

 

それは、赤ちゃんの肌が乾燥しても絶対に「大人が使うクリームや乳液で保湿ケア」しないことです。

 

 

乾燥と聞くとすぐにクリームや乳液で保湿ケアをしてしまいがちですが、成分を注意しないといけません。大人が使う基礎化粧品には美容成分が含まれています。そして、ほとんどの基礎化粧品には「合成界面活性剤」が入っています。

 

 

合成界面活性剤と聞くと悪い影響しか思い浮かばないぐらい、肌には悪影響だと評判の成分です。合成界面活性剤は肌のバリアを破壊して肌の中に水分を浸透させて、合成ポリマーで蓋をするという効果があります。

 

 

要するに『肌を破壊するもの』なのです。これを赤ちゃんの肌につけるということを想像するだけでもゾッとしますよね。

 

 

合成界面活性剤は、決して肌に良い成分ではないのですが、大人の肌は合成界面活性剤のおかげで、一時的に肌にハリをもたせて潤いを与えた状態にします。(肌を破壊して、表面が合成ポリマーで覆われている状態)

 

 

でも、生後間もない赤ちゃんのデリケートな肌には絶対使いたくないですよね。勘違いして使い続けていると、保湿どころか赤ちゃんの肌がボロボロになる危険性もあります。

 

 

絶対に赤ちゃんに使用するのはやめましょう!

 

「赤ちゃんのデリケートな肌専用の保湿剤」があるのでそれを使って下さい。次回は、赤ちゃんのほっぺのかさかさを治すための具体的な方法をご紹介します。

 

 

 

>>【皮膚科医が薦める】赤ちゃんのほっぺのかさかさを治す方法とは?

 

 

 

 

 

⇒トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加